このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

入湯税

ページ番号:370-893-530

最終更新日:2020年11月17日

入湯税とは

入湯税は、主に観光振興・観光施設の整備に要する費用にあてるために、温泉・鉱泉浴場を利用された方に対して課税される目的税です。(利用料金の中に含まれています。)
市内の鉱泉(ラポーゼかわだ、神明苑)の利用で課税されます。

納める人

鉱泉の利用者(12歳未満の者を除く)が負担し、鉱泉浴場の経営者を通じて納められます。

納める額

1人1日につき150円

申告と納税

経営者が、毎月分をまとめて翌月15日までに申告し納めます。

お問い合わせ

このページは、税務課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所別館1階)

市民税グループ
TEL:0778-53-2210
FAX:0778-51-8162
資産税グループ
TEL:0778-53-2209
FAX:0778-51-8162

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る