このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動




サイトメニューここまで
本文ここから

グレーゾーン金利

ページ番号:260-161-491

最終更新日:2017年3月24日

Q

 最近消費者金融のグレーゾーン金利が問題になり、払い過ぎていた場合は返還請求ができ自己破産しなくてもよくなると聞きました。詳しく教えてください。
 

A

 現在消費者金融業界では貸出金利を利息制限法の年15パーセントから20パーセント以内で貸し出さず、これ以上を徴収しても罰則規定がないため業者は出資法の年29.2パーセント以内で貸し出しています。この2つの金利の差が「グレーゾーン金利」です。本来払う必要のない高い利息を支払い続け、それが原因で消費者は多重債務から抜け出せない状態にあります。解決するためには、まず借りている消費者金融に対し今までの取引状況の開示請求を行い、送られてきた取引状況を元に利息制限法で計算し直すと真実の債務額が「請求されている金額」よりも大幅に減少するばかりか、払い過ぎになっている場合があります。この払い過ぎたお金を取り戻す手続きをするのが任意整理です。多重債務イコール自己破産ではなく、あの手この手で検討した結果、どうしても支払いが無理な状態だと結論が出たときが自己破産です。多重債務者には特定調停、個人民事再生、任意整理と解決に向けた方法はあります。あきらめずに消費生活センターにご相談ください。また「グレーゾーン金利」は全国の訴訟で返還を命じる判決が相次いでいます。

クレーゾーン金利

お問い合わせ

このページは、市民相談課が担当しています。

〒916-8666 鯖江市西山町13番1号(市役所本館1階)

市民相談グループ
TEL:0778-53-2204(市民・消費生活相談)
TEL:0778-42-5103(女性相談)
TEL:0778-25-3000(自立促進支援センター)
FAX:0778-51-8167

このページの担当にお問い合わせをする。

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

鯖江市章
〒916-8666 福井県鯖江市西山町13番1号
TEL:0778-51-2200(代表)
FAX:0778-51-8161
  • 鯖江市の花・木・鳥
    つつじ・さくら・おしどり
  • 人口と世帯
  • 鯖江市の動物レッサーパンダ
    メガメガ・ウルウル
トップへ戻る
Copyright (c) Sabae City. All Rights Reserved.
このページのトップに戻る